レーシック医院の経営

  • どんな病院がいい病院ですか?
  • 日本眼科学会のガイドラインによって、レーシックをはじめとする屈折矯正手術は、眼科専門医が行うことを定めておりますが、法によって定められているのではなく、あくまで日本眼科学会のガイドラインで定められているにしか過ぎません。

    そのため、今現在においても、「レーシック専門医」や「屈折矯正専門医」等といった、実際には存在しない認定医資格の肩書きを表記して治療を行っているクリニックもあるのです。

    例えば、治療費を安価にしているから技術がないわけではなく、治療費が高いからといって技術が高いとは必ずしも言えないからです。

ソニー、Ultrabookを初投入

9万円前後から16万円前後の売れ筋の価格帯をカバーする。グラフィックスチップと光学ドライブを備える「Power Media Dock」を別売りにして価格を17万円前後に抑えた。

 VAIO Tシリーズは、VAIO初のウルトラブック。

 VAIO S(SE)シリーズは、重さ約2kgとA4ノートとしては軽くてスリムなのが特徴だ。14Pはボディーの一部にアルミニウムを使って上質感を高めている。

 VAIO Eシリーズは、春モデルの「VAIO Yシリーズ」の後継機種だ。バッテリー駆動時間は約6.5時間、重さは13.3型モデルが1.6kg、11.6型モデルが1.42kg。

VAIO T/S(13)/Z/E

 モバイルノートは、夏商戦で新たに投入するウルトラブック「VAIO Tシリーズ」、13.3型ワイド液晶を備える「VAIO S(13)シリーズ」、ハイスペックな「VAIO Zシリーズ」、10万円を切る低価格な「VAIO Eシリーズ」を発売する。CPUにはAMDのE2-1800(1.70GHz)を搭載する。CPUを第3世代のCore iプロセッサーを採用して基本性能を高めた。液晶を開くとすぐに再開し、閉じると作業状態を保存される。バッテリー駆動時間も6時間と長い。どちらも500GBのHDDと高速起動用の32GBのSSDを搭載。アダプターなしで各ケーブルやメモリーカードを接続できる。前述の11.6型ワイドモデルや直販限定の17型ワイドモデルなど豊富な選択肢を用意する。夏商戦向けモデルは、CPUにクアッドコアのCore i7-3612QM(2.10GHz)を採用して基本性能を底上げした。独自のデータ保護技術を盛り込むことで、スリープ時のデータ紛失の危険性を抑えた。ビジネスパーソンや学生向けにWindows 7 Professionalを採用した機種も引き続き販売する

 VAIO Zシリーズは、同社の最上級のモバイルノート。

 ウルトラブックに多いくさび形ではなく、フラットな形状にすることで、VGAやHDMI、LANなどのインターフェースを搭載。
天板などにはアルミヘアライン加工を施している。ディスプレイは11.6型ワイド(1366×768ドット)。描画処理用のグラフィックスユニットも強化している。ディスプレイはフルHD解像度の15.5型ワイド。

 VAIO S(13)シリーズは、13.3型ワイド液晶を備えるモバイルノート。カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色を用意する。インテルの第3世代Core iプロセッサーを多くの機種に採用して基本性能を底上げしたほか、インテルが推進するノートパソコンの新し...

サイトリンク

DIP-E03-3-Top

便利サイト

  • 楽天
  • MSN
  • Google
  • おすすめリンク

    レーシック